ゴミ屋敷にまつわるトピックス

未然に防ごう実家のゴミ屋敷

ゴミ屋敷のことならおまかせ。
いろいろなゴミ屋敷に対応しています。引っ越し後のゴミ屋敷、お年寄りの部屋のゴミ屋敷、子供部屋のゴミ屋敷、火災の後のゴミ屋敷、実家のゴミ屋敷、単身者のゴミ屋敷。お部屋にためたペットボトル、コンビニ弁当ゴミ、長年放置した食品や生ごみ、散らかり部屋から長年放置したゴミ屋敷も片付けいたします。お立合い不要で対応も、また近隣に目立たない配慮もお任せください。踏み固まったゴミ屋敷もスピーディーに片付けます。

ご相談

ご相談は、048-443-6655 全店共通・年中無休。メールでのお問い合わせは、専用フォームからお願いします

実家のゴミ屋敷防止対策とは

実家がゴミ屋敷にならないために気をつけたいこと 

これまで自宅がゴミ屋敷であるケースについて多くお話させていただきましたが、実家がゴミ屋敷であるというケースについても触れさせていただきたいと思います。
あなたが実家を離れ、遠くに暮らしている場合であれば実家の様子を伺い知ることは簡単なことではないはずです。
実家にあなたの両親や祖父母など、複数の人が住んでいればゴミ屋敷になるリスクは低いです。しかし、高齢者が一人で住んでいるという場合や障害を持っている方だけで住んでいるケースなどはゴミ屋敷につながるリスクは比較的高いと言えるでしょう。ですから、遠く離れた場所で暮らしているからこそこまめに実家の様子を知ることはゴミ屋敷を防ぐうえで大切なポイントと言えます。

そこで今回は、実家がゴミ屋敷にならないために気をつけたいこととゴミ屋敷になってしまった場合のリスクについてお話させていただきたいと思います。 
遠く離れた実家がゴミ屋敷にならないためには 気軽に実家の様子を知ることが出来ないほど遠くに離れて暮らしているという場合は、まずこまめに連絡を取り変化がないかを確認しましょう。

直接、「ごみの処理はしているか?」「不要なものは捨てているか?」と確認するのも良いでしょうし、「何か困っていることはないか?」など間接的に聞くことも有効です。

特に、高齢の方が実家にいる場合はアルツハイマーの症状がないかを確認することをオススメします。何気ない会話でも話がかみ合わなかったり、同じ話を何度も繰り返してくるようならば要注意ですね。普段の生活に影響が出ていることも否定できません。
アルツハイマーや心の病などは、ゴミ屋敷と深い関係があると言われています。アルツハイマーであれば、ゴミを出す日を忘れてしまいだし忘れたゴミがどんどん溜まっていってしまいますし、身の回りのこともできなくなってしまいますからね。
鬱病などの心の病になってしまっていれば、「外に出たくない」「なにもしたくない」という気持ちになり家の掃除や洗濯、ゴミ出しなどもしなくなり不衛生な環境へと進んでいってしまうかもしれません。これらの病気になっていないか。もしくはその兆候がないかを電話で頻繁に確認するべきです。
そこで少し様子が変であれば、実家へと出向き家の中を確認するべきでしょう。

この確認の電話こそが遠く離れた実家がゴミ屋敷にならないための有効な予防法と言っても過言ではありません。 

その他にも、現在は高齢者の方でもスマホを持っている方も少なくありません。
あらかじめカメラの使い方を教えておき、定期的に実家の様子を写真で送ってもらう事も効果的です。 もし遠く離れた実家がゴミ屋敷になっていた場合 残念なことに、実家がゴミ屋敷になっていた場合にはどのような大変なことが待っているのでしょうか?まず考えられるのが、大切な家族の健康状態が悪化していることです。ゴミ屋敷の生活は心身ともに大きな負担がかかっているはずです。悪臭の中での生活では心も体も休まることはないでしょうし、夏場になればなおさら環境は悪くなるでしょう。

それでも、実家に住む家族が身体的・精神的な病気を持っていればゴミ屋敷化に歯止めをかけることは難しいのではないでしょうか?最悪の場合ゴミ屋敷で孤独死する可能性だってゼロではありませんよね。
そうした事態にならないためにも、先ほどお話させて頂いたとおりこまめに連絡を取り合う事が大切です。 また、実家に住んでいた家族が亡くなって初めてゴミ屋敷であることが発覚するケースも少なくありません。このタイミングでの発覚は、相当な量のゴミをため込んでいるケースが多いです。
よって、そのゴミの撤去費用はかなりの高額になってしまうことも考えられます。経済的負担があなたに重くのしかかってくるというわけですね。それに、今まで近隣住民に悪臭などで迷惑をかけていた場合はそれなりの対応をしなければならないはずです。
近所にあいさつに回ったりすることも考えなくてはいけません。何度も繰り返し申し上げますが、遠く離れている実家がゴミ屋敷になっていないか頻繁に確認空いておくことに越したことはありません。手に負えない状況になってから発覚することが一番負担が大きいですからね。実家に住んでいた家族の後始末をしなければいけないのはあなたです。

会社・店舗案内

(屋号)片付け屋ライフサービス&家財整理Dcy

お問合せは、全店共通で048-443-6655でお受けしています
運営|一般社団法人家財整理センター
【首都圏本部】東京都北区赤羽1-7-9 赤羽第一葉山ビル4階
【本店】埼玉県入間市上藤沢881-1
営業エリア|埼玉東京千葉神奈川・群馬で営業
お近くの基地よりお伺い
入間本店・北区首都圏本部・所沢店・板橋店・川口店・さいたま店・練馬店・市川店・松戸店・桶川店・横浜店
TOPページ